むーにゃんず

アクセスカウンタ

zoom RSS ノラ母の習性

<<   作成日時 : 2008/07/15 20:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

猫って、恋多き生き物なのだとか。

前回紹介した
”うちの猫のキモチがわかる本”の中に、
時々出てくるマンガつき解説があり、
それが何度読んでも笑ってしまうのだ。

今日はその内容をちょっとパクってみました(勝手に)

若干、字が読みづらいので、
画像クリックして大きくして読んでね。

===あるノラ猫”おかん”のお話し===


画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像



画像


これを読んだとき、
最後の、
「なぜかうちにいるおかんの子」ってところで大爆笑したのだが・・・

ここなら安全と思って、
自分のムスコを託して新たな恋に生きるおかん。

実は、うちのうめちゃんも、外猫時代に
この”おかん”のように、
ある日突然自分の子を威嚇しだしたのだった。
画像

母、うめ、娘のちょこにゃん、息子のまろん、
仲良く3匹で寄り添い生きていた。


しかし、ある日、甘えて近寄るちょこにゃんとまろんに
激しく威嚇&パンチ。
耳を倒して低くなって脅えるちょこにゃん。
そんなちょこにゃんが、とてもかわいそうだった。


動揺する子猫2匹。
画像

          「わたしたち、お母ちゃんがいなくなっちゃった・・・」     



そして、うめは3日に1度、エサだけ食べに来てすぐに去っていく生活。



そして、途中からおばちゃん猫”あずきさん”が登場。
画像


      一緒にご飯を食べ、ちょこ、まろんと一緒にいるようになったのだった。


だから、ちょこにゃんは、あずきさんが大好きなのだ。



当初はうめの行動が謎であったが、
この本を読んでなるほどーーーー!と。

きっと、毎日ご飯くれるから、
「あとは頼んだで」という気持ちで
うちの玄関に置き去りにしたのだろう。

その後すぐに、うめはボーイフレンドを連れてきたのだった。
顔の丸くて大きいキジトラちゃんだった。


そして、このままでは子が生まれてしまうと焦った私は、
早急に保護することを決意した瞬間であった。



そして、今は全員うちにいますが。笑。



にほんブログ村 猫ブログへ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 多頭飼い(10匹以上)へ

にほんブログ村 犬ブログへ  にほんブログ村 犬ブログ コーギーへ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
わははーーー!!なんて面白い!そっか、そういう事があるんだねぇ。シャーシャー玉木の近くになんでいつも邦正がいるのかな〜〜って思ってましたが。そういう事情だったのねぇ(笑)仔猫時代のまろんちゃんと邦正可愛いなぁ。で、うめちゃんのボーイフレンドのキジトラちゃんは?
masa
2008/07/15 21:07
>masaさん

仔猫の邦正は、それはそれはかわいかったですよー!
今までこんなかわいいお顔の子は
初めて!ってくらいです(>0<)
まろんも、ころころに丸くてかわいかったー・・・
ボーイフレンドのキジトラちゃんは、
行方不明なんですよ・・・
未だに救えなかった後悔が・・・(涙)
Katsumi
2008/07/15 21:17
爆笑しました(≧∀≦)ノノ
最初の人物紹介?を読んだ時に、どこかのリアルな家庭に似ている……と思ったら、Katsumiさんもやっぱりうめちゃん家と思ったんですね!

寄り添ってる3にゃんの写真が可愛いです〜。
この頃はまろんちゃんも男の子らしい顔立ちでシャンとしてますね(笑)
秋津
2008/07/16 17:56
>秋津さん

これ、かなり前の本なのですが、
いまだに時々読んではひとりで爆笑してます。
まろんも最初はちっちゃくてかわいかったんですよー!
今のデカいまろんも、かわいいですがね(笑)
ヘタレなのは幼い頃から一緒です。(ププッ!)
Katsumi
2008/07/16 23:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
ノラ母の習性 むーにゃんず/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる